鮨処 つく田

過去の「ひとりごと」: 2014年5月

出張2

今回の出張もまた福岡のジョルジュ・マルソーでの仕事でした。昔からお世話になっている方の披露宴パーティーです。約50人のお客様に握らなくてはならない(2時間で)ので福岡の高砂で「たつ庄」という鮨屋の親方、立石君に手伝ってい […]

» 続きを読む

出張

年に数回出張出前をさせていただいてます。 個人のお客様宅へ伺うことが多いのですが今回は長年の友人である 福岡のフレンチ「ジョルジュ・マルソー」の小西シェフとコラボを行いました。 上の写真は厨房内で料理に追われている模様で […]

» 続きを読む

九方皐

『中国、秦の時代。皇帝に仕えていた伯楽がもう老人になって仕官を辞退したいと申し出た。皇帝は伯楽がいないと「千里を走る名馬」を見つける者がいなくなるので困り果てた。伯楽は云った。「私のところに九方皐と申す若者がいます。この […]

» 続きを読む

半分

「あと、半分」よく飲んべぇの客が発する言葉です。片口の器を片手にかかえ、お酒の所望です(笑)私もだらしない飲んべぇですから片口に七分目入れて差し上げます(笑)「酒飲みの“あと半分”は七分目」 Mさんは弁護士。いつも訴訟だ […]

» 続きを読む

岡目八目

つのだたかしさんと波多野睦美さんが音楽の友社のページに毎月コラムを掲載されています。 http://www.ongakunotomo.co.jp/index.html 波多野さんのコラムの中で“内耳”の話がありました。 […]

» 続きを読む

仲間

先日、20数年音信不通だったI君からメールをもらいました。 まだ結婚もしていないし、鮨もろくに握れない頃によく遊んだ仲間です。 休みの前の日にはI君を呼び出して夜通し飲んだことを思い出しました。 警察に厄介にならない程度 […]

» 続きを読む

「今日も満足だ。」お客様の何気ない一言が気になって考えこんでました。 7年前にお亡くなりになった常連のお客様がいつも口にしていた言葉だったんです。 言葉を介してそのお客様を思い出していたんです。 「客がいないなら、いつで […]

» 続きを読む

10年

8月26日に、つく田十歳になりました。 望月通陽さんから素敵な染物を戴きました。 朝、桂や蘭のなぎさから舟を出して昼には、くわやにれのもとで一休みするあなたと一緒に蒲(ほ)をとる仕事をしても一日たっても一把(いちわ)が出 […]

» 続きを読む

かんちがい

隆太窯では「隆太窯コンサート」というバロック音楽のコンサートが年に数回開かれています。 トラヴェルソというフルートの前身みたいな楽器を演奏される 有田正広さんのコンサートでのこと。 常連のF夫妻にも声を掛けていましたので […]

» 続きを読む

サイド

サイモンとガーファンクルの名曲「明日に架ける橋」の一節。 When tears are in your eyes ♪〜 I’m on your side ♪〜 君が涙を流すような時でも、僕は君の味方だから〜とでも訳すんで […]

» 続きを読む

過去の「ひとりごと」を読む

Copyright © tsukuta All Rights Reserved.

PAGE TOP